スポンサーサイト

  • 2017.07.24 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    今日の出来事

    • 2017.04.03 Monday
    • 18:27

    JUGEMテーマ:生きる

    JUGEMテーマ:ココロと闘う

     

     

    今日から本格的な新年度ですねえ。

    わたしはもう不安だらけで正直、出勤と同時に「かえりたい」気持ちでいっぱいでした。

    かえりたいのは「家」も「前年度の体制」のどちらでもあります。

    だけど始まってしまったもんは仕方ないし、ここでやっていくしかないんですよね。

    それが自分の望んだことでもあるので、この一年は踏ん張らなければなりません。

     

    新しい事務分担だけでなく、まずは周囲の顔ぶれにも慣れることが先決。

    空気というか雰囲気というか。

    環境の変化に肌を合わせに行かなくてはいけないけど、そんな簡単にいくわけではないから徐々に慣れていくしかありません。

     

    ただ、異動してきた人は誰しもが新年度当初は「やらなければならないこと」があっても(分かっていても)、「何をしていいか分からない」「落ち着かない」んだなってのは、今日何となく分かりました。

    勿論自分自身もそう感じたんですが、他の係の係長が終業間近に「もうこんな時間か。今日はあっという間だったな。何もしてないけど」って言っていて。

    何もしてないことはないんですが(ちゃんとお仕事なさっています)、以前の課にいたときと比べたら「何もしてない」感覚になるんですよね。

    異動してない人たちは年度末と年度初めの仕事を並行してしているから大忙しで、異動してきた人たちはそれを見ながらも新しい場に慣れるのに必死だったっていうことなのかな。

     

    その言葉を聞いて、わたしは一日中の「疲労感」が「自分だけのものじゃない」って感じて、そっか、みんな考えてること一緒なのかもって思ったら少しだけ楽になりました。

    半月後には今の空気にも慣れ、来月には仕事普通にできてるかな?

     

     

    それとちょっと嬉しかったのが夕方、病休前にいた福祉課に顔を出したんですが、臨職の姐さん’sとカウンター越しに話していたら「中に入っておいでよー。他人行儀なー」って言ってくれたのが本当に本当に嬉しかったです。

    福祉課は迷惑かけたのが先行してしまってどうしても自分で線を引いてしまっていて、会いたい人たちがいるのに行き辛い課になっていたのです。

    「行き辛い」課にしたのはわたしであり、そう感じているのはわたしだけなのかもしれないけれど、それを少しだけ緩和させてくれた言葉をかけてくれたので、将来的に希望している窓口復帰に向けてまた一つクリアできそうな気がします。

     

     

    何はともあれ、しばらくは辛抱の時。

    今の空気が落ち着いて、みんながそれぞれの場に馴染んできたとき、わたしもわたしらしく無理なく働けるよう。

    ぼちぼちいきます。

    異動の内示

    • 2017.03.27 Monday
    • 21:47

    JUGEMテーマ:ココロと闘う

    JUGEMテーマ:鬱病

     

     

    今日は異動内示の日でした。

    わたしはそのまま。

    だけど今の担当から大きく外れます。

    残ったのは一つだけ。

     

    それと課長やほかの係の面々、うちの係の半数も異動するので、少し不安。

    何が不安って、本当は今してるふるさと納税の仕事についていきますか?と言われて「NO」を言ったのです。

    それはメンバーが大きく変わるおそれがあること、フロアが変わること、その二つが理由でしたが、わたしにとってはとてもとても大きく重要で核となるものです。

     

    環境の変化を最小限に留めねば、復職の正念場となる4月からの一年を乗り切れないと思いました。

    この一年を乗り切れたら、自分でも「復職できたんだ」と遅ればせながらも感じられると思ったのです。

    ですが、実際のところそれが正解だったか今の時点では分かりません。

    早まったかも?と思ったり、いや、これでよかったんだと思ったり。

    気持ちの指針が行ったり来たり。振れ幅はそこまで酷くないですが、結構地味に響いています。

     

    ただ悩んでいてもしょうがないので、こういうときこそ創作活動に打ち込もうと思います。

    悩んでいる気持ち、モヤモヤを文字にして吐き出す。

    それが今できるわたしのケアかな。

     

    よし、明日からまたぼちぼち頑張ろう。

    もうやるっきゃないから。

    変わってきたこと。

    • 2017.03.26 Sunday
    • 21:07

    JUGEMテーマ:ココロと闘う

    JUGEMテーマ:ダイエット日記

    JUGEMテーマ:食生活

    JUGEMテーマ:鬱病

    JUGEMテーマ:生きる

    JUGEMテーマ:スキルアップ

     

     

    最近ですね、リアルな人間関係でこのことを知るのは友人ひとりだけなんですが、何と2か月で体重が5キロ減りました!

    休職してからムクムクと膨れ上がった体を、どうにか5キロ落とすことができました。

    それも食事改善だけで!

    運動は一切していません。

    仕事は始業から終業までほぼデスクワークなのでまーーーーったく動き回ることがありません、というかできません。

    今後は取り入れるつもりですが、まだ先の話です。

     

    一時、ジムにも通っていたのですが、その後でガクッとメンタル落ちることがあって、薬が増えたりして外にも出なくなったりしたりして、リバウンドしていたのです。

    ジムに通っていた頃(といってもサイクリングだけですが)は少しストイックになり過ぎていたので、運動をやめると一気に戻り、またそれ以上に増えていて、もう余計に人に会いたくない気持ちになっていたのです。

     

    で、風邪やインフルエンザ、花粉予防をいいことに、いや、その予防は必要ではあったんですが、二重顎を隠すのにマスク着用していたんですが、今後いつまでもマスクで隠せるものじゃないし、年を取れば取るほど体重は落ちにくいってよく聞くし、花粉シーズンが終わるまでにせめてリバウンドした分とプラスアルファは落としたいなと思いました。

    そこで「食生活の見直し」を始めてみました。

     

    しかし前の記事にも書いたんですが、体にいいものをかなり凝って作っても長続きしないので、お料理上手な友人からアドバイスをもらいながら、「カラフル」「おから」の二本立てを取り入れることに。

    それとおやつは職場だけで食べるっていうのを徹底しました。

     

    まずは「カラフル」

    これは意外に簡単です。

    赤、黄のパプリカを一日三食のどこかに1センチの輪切り程度投入。

    わたしは基本的に友人のお弁当の写真がとっても可愛くてお気に入りだったのでそれを伝えたら「パプリカ入れたら見栄えはよくなる」とのアドバイスを頂いたので、まねっこしてお弁当に入れていました。

    確かにちょっと添えるだけで途端カラフルになって見栄えが良くなる!

    余った分はその場で摘んで食べていましたが、パプリカって甘くて、切りようによっては歯ごたえがあってとっても美味しいんですよね。

    ジューシーなお野菜です!

    ミニトマトも赤いのだけじゃなくて、カラフルなミニトマトが売ってあって、それも手頃なお値段なのでおススメです。

     

    次に「おから」

    これもまた友人にアドバイスをもらいました。

    普通のおからも売ってるけど、日持ちがしないので、わたしは「おからパウダー」を使っています。

    ハンバーグ、お好み焼き、グラタン、ポテトサラダ。

    加える水の量を変えるだけで、いくらでも応用がきくし、かさましにもなるし、何よりヘルシー。

    腹持ちもいい気がします。

    うちの親もおからハンバーグとおからお好み焼きは気に入ってくれました。

    そうそう、ミートソースのとろみをつけるのにも使いました。

    何でも行ける気がします。

     

    一応この二本立てではあったんですが、しいて言うなら色んな食材をちょっとずつ使いました。

     

    「やせる味覚の作り方」(著:小倉朋子) この本を読んで、色んな食材、特に色んな食感のある食材を使うことで顎を使うし、満足感に繋がるので食べ過ぎにならないし、栄養素もバランスよく取れるってことを知ったので、わたしの中ではバイブルです(笑)

     

    わたしもアラサー女子としてこれまで色々なダイエットを試してきましたが、ここまでずぼらなダイエットがあったでしょうか。

    一応ね、食べ過ぎたな〜って日は、翌日スムージー飲んでます。

    絶対に食事を抜くことはしていません。

    スムージーだけってのもおかしいかな。

    同時にミニトマトかパプリカ摘んでます。(でないと、後からひもじくなったりするので、顎を動かしてます)

    スムージーは基本「小松菜」「大根」「バナナ」「水」です。

    たまにお弁当にサラダ菜やベビーリーフ、サラダほうれん草(灰汁の殆どない生で食べられるほうれん草)を小松菜の代わりに使っています。

    大根は2センチくらい使ってるかな。

    これはお通じ対策です。

     

    で、なぜ、運動を今していないのかというと、食事改善と運動をいきなり一緒にスタートしても挫折する確率が高いので、4月終わるくらいまでは食事改善だけでいこうと思っているのです。

    三か月くらい食事改善だけを続けたら、まずは習慣化達成できるかなと思って。

    5月頃から歩き回りやすいし、大好きな寺社巡りも再開して歩き回りたいし、夏場熱くなって来たらジムに避難(笑)

    そういう長期計画で今年一年は体を作り替えていこうと思っています。

    プラスお薬も少しずつ減らす方向でいけたらいいなあとも思うのです。

     

    体重は減るし、お肌もよくなってきたし、あと節約できます。

    世のお母さん方を見習って食材も使い回しているので、一週間買いだめしたものを最後の日に使い切ったらすっごい嬉しい!

     

    料理は元々嫌いではないので、こうしてメンタルバロメーターでもある「料理」に楽しさプラス「ダイエット」を見出すと結構ハマります。

    レコーディングダイエットもしてますが、これは割合と食事の内容を見直すというよりは、買いだめした食材をどうやって使っていくかの目安代わりです。

     

    そんなこんなで来月も引き続き食事改善の習慣化を目指します。

    夏にはサイズダウンしたいーーーー><

    自分を知りたいのです。

    • 2017.03.20 Monday
    • 21:59

    JUGEMテーマ:ココロと闘う

    JUGEMテーマ:鬱病

    JUGEMテーマ:生きる

    JUGEMテーマ:スキルアップ

    JUGEMテーマ:小さくて大切な幸せ。

     

    「仕事以外の資格取りに行くって気持ちがすごい!意識高いな〜」と言われることがあるんですが、全然、そんなことありません。

    そもそも「メンタルヘルスマネジメント検定」を受けようと思ったのは、「自分のことが知りたかった」からです。

    自分がなぜ心の病になったのか、復職がうまくいかなかったり、今もまだ心の不調が襲ってきたりするのか、それを人事側はどう思っているのか、どうしたいのかって、そういう自分や自分を取り巻く環境を冷静に捉えたかったからです。

     

    ここに来るまで「自己啓発系」「スピリチュアル」の本を読み漁りました。

    文字がたくさんあるとくらくらしてくる(読書家だったんですが)ので、コミックエッセイから始めて、段々と文字の多い本に移って行って、それでも一瞬はわたしの気持ちを「ハッ」とさせてくれるんですが、根本的な解決にはなりませんでした。

     

    今ならそりゃそうだよーって言えるけど、この後、仏教にハマって写経や寺社巡りしたり、占いに行きまくったり、体によいとされる食事(手間がかかる系)にチャレンジしたり、とにかくとにかくもがいていた。

     

    でもある日気付いたのです。

     

    「すっごい、もう、なにもかも。めんどくせええええええええ」

     

    そりゃそうだよねえええってこれもまた今なら冷静に言えます。

    そこでまず今自分が置かれている状況を「客観的に」「分かりやすく」「小さなステップアップの積み重ね」で理解できるような「自己啓発本」はないんかと探していたところ、自己啓発本より「問題集とかテキスト」みたいなら要点押さえてて精神論ばっかりじゃないからいけるんじゃない?って考えに至ったのです。

     

    結果、大成功。

     

    購入してからかなりの間寝かせてしまいましたけど、それでも調子のいい時にスタートして、生活リズムに組んでいって、知識も増えるし、自分のことを分析できるようになったし、いいことだらけでした。

     

    で、昨日、大阪に試験を受けに行ったのですが、幅広い世代の人が受けに来ていて、それにまずびっくり。

    若い人だけじゃなく、中高年も、女性だけじゃなく、男性も、大学の2フロアを占める人数が受験していました。

    そしてギリギリまでテキスト見てるんだよねえ。

    わたしなんて直前に食べた天ぷら御膳の満腹感と教室内の適度なあったかさで開始まで寝ていたというのに。

     

    試験の内容はテキスト外のことが1問出ていて、それ以外はうまくいけたんじゃないかと思います。

     

    さて、次回はメディカルハーブ検定です。

    これはただの趣味、興味。

    それが終わったら、メンタルヘルスマネジメント検定の二種に挑戦しようと思います。

    ぼちぼちね。

    そうなんです!

    • 2017.03.12 Sunday
    • 19:10

    JUGEMテーマ:鬱病

    JUGEMテーマ:生きる

    JUGEMテーマ:ココロと闘う

     

    「自殺は自爆テロです」って言ってくれる人がいて、わたしは救われた気がしました。

     

    そうなんです。

    自分も希死念慮とか自殺に対する憧れがあったから、現に自殺してしまった人に対して羨ましいとさえ思ったこともあったから、あまり偉そうには言えないんですが、周りが酷く傷ついているのを見たし、わたし自身もショックを受けたから、そうなんだって、そうなんだよって、ほんと、そうなんですって頭をガツンとやられた気がした。

    張り手された気がした。

    改めて目が覚めた。

     

    生きていかなきゃって思う。

    どんなに醜態晒しても、わたしを好きでいてくれる人がいる限り、周りの人すべてが、離れている人すべてがわたしを嫌いにならない限り生きていかなきゃって思う。

     

    それを痛感した週末でした。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    noteやってます。

    クリエイターSNS noteで作品やコラムを公開しています。


    *現代短歌、現代川柳の練習帳*
    みやまnoしずく

    *半生記録、これからの記録*
    みやまとみやまの好きなものとその他

    「心燈 - cocotto -」

    心燈 - cocotto -
    言葉を使った自己表現サークルです。生き辛さを感じている人やその支援者が自分の思いを外に出せるようお手伝いをします。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM