お肉の会とサプライズバースデー!

  • 2017.03.03 Friday
  • 23:09

 

 

 

今日は係内の慰労会に焼肉に行ってきました。

ふるさと納税を乗り切ったメンバー&新メンバーの歓迎会という建前ですが、本当のところは係長のサプライズバースデーでもあります。

 

ふるさと納税でお世話になっている洋菓子店にケーキをお願いし、みんなが来る前にお店に渡してきました。

 

インフルエンザとかで欠席してしまった人もいるんですが、仕事のメンバーなのに仕事から離れておいしいお肉を食べながら色んなことを話しました。

こんなに安心して一緒にご飯を食べて、普段のことや悩みや将来の夢とか語り合える仲間って珍しいし、本当にかげかえのない存在だと思います。

不安定なメンタルながら、それでもここまでやって来られたのは今のメンバーが何も言わずに接してくれて、安心して出勤できたのと心強かったからです!

 

 

普通、雪崩のように調子を崩して一週間休んでしまったりすると、仕事が滞って誰かに負担が行き、それを思って自己嫌悪に陥りまた調子を崩すという悪循環に陥るし、今までもそうだったんですが、今の係は表向き「心配もしなければ、わたしが休んでいたときのフォローで感じたであろうしんどさを見せない」「休む前と変わらず当たり前のように接してくる」「わたしがある程度乗り越えるべき仕事を残してくれる」と、何かもう神対応並みに戻って来るのを念頭に置いてある程度放置してくれるのです。

過度な心配もなく、しんどさもあっても見せない。

仕事の付き合いではありますが、ここまでおんぶにだっこでいいのだろうかと思うくらいかえって気を遣うところもあるんですが、それでも何とか頑張って復帰するとその気遣いに自然と「また頑張ろう」って思えてくるのです。

 

こんなにありがたいことはないし、だからこそ期待に応えていきたい。

でも無理しちゃダメって分かってるから、自分で計画を立てて元の調子へ戻って行ける。

 

甘えすぎているって感じている部分もあるので、この一か月で自立に向けて無理しない程度に自分のできることを増やしていこうと思います。

勿論そのためには「自分のできること」が生活リズムを安定して続けるとか、しんどさのガス抜きを自分で調整できるようになるとか、しんどくなる予測を少しでも取れるように自分の体調の変化に気を付けるとか、そういう仕事から離れた生活面での基本の部分を大事にしなければならないのですが。

それが最終的に仕事への本格復帰に繋がるんだと思います。

 

三月最後の週は異動の内示が出ます。

今のメンバーは恐らく今月で最後です。

何人かは残りますが、何人かは動きます。

それが誰であるかまだ分かりません。

 

市役所は多くの人間が働いて、性格や個性、生活環境も様々で、自分に合わない上司や同僚などもいると思います。

自分の性格(ペース)に合う人がいても、課が移れば「あのときはよかったのに」って思うことも出てくるかもしれません。

それと反対に苦手だった人が「意外にいい人かも」と思うこともあるかもしれません。

 

今の係は復職の際にかなり気を遣って配置してくれたので、この先もその好意に甘えれるとは限らないし、そういう配慮に依存し続けるのもいけないと思います。

だからこの係で得た経験や考え、人を想う気持ちとか、すべてひっくるめて大切にしたいなって思うのです。

それが今後のわたしの支えになる、特に年次休暇のカウントダウンがすでに始まっているわたしにとって大事な核になる気がします。

 

 

さて、たらふくお肉を食べたところで、前もって準備していたバースデーケーキ登場。

係長には内緒で進めていた計画です。

自分を犠牲にしてまでも係員を見守って支えてくれる優しい係長。

頼りがいのある、でも不健康な人であります(笑)

上司をあんだけいじらせてもらえたのもこの係長だからこそです。

他の人なら絶対にできません!(笑)

 

今回は仕事の話もしましたが、プライベートやこれからの夢も話せたし、和気あいあいとご飯を食べれたし、本当にいい思い出になった。

あとはこの思い出を風化させないように、自分のメンタル安定に向けて心の支えにして、それこそマイペースに自分というものをしっかり立て直していきます。

 

今後わたしがどこに行っても、誰と同じ職場になっても、誰かを想う気持ち、ホウレンソウ、何が自分を不安にさせるのか、仕事の計画性を立てる、反省をして改善点を探すとか、この係で培ったことをしっかり持って働きたいなと思います。

 

 

あー本当に楽しかった。

だからこそ帰ってきて寂しいよ。

でもまだすべてが終わったわけじゃないので、年度末まで一歩ずつしっかり歩んでいきます。

今夜はみんな本当にありがとうございました。

係長、お誕生日おめでとう^^

創作意欲と上手くなりたいジレンマ?

  • 2017.01.17 Tuesday
  • 19:10

JUGEMテーマ:創作活動

 

 

ちょっと前から考えていたことなんですが。

川柳か短歌、いずれかで結社に所属しようかなと考えていました。

というのも、勢いだけで始めた川柳と短歌。

思いついて句や歌を詠めば詠むほど、他の方の作品を読めば読むほど、自分の基礎力のなさに気付かされて、どうやったら自分の課題を乗り越えられるんだろうかと思っていました。

川柳の師匠からは「視点が一つに絞り切れていない」と指摘されていて、自分でも初期の作品を読み返すと「確かに!」って思います。

一番いいのは推敲力がつくこと。

同じ句(歌)を何度も何度も読み返し、色々な角度から読んで、余計なものは省く、必要なものを加えるとか、そういう取捨選択ができるようになればいいんですが。

そもそも、その推敲をするための基礎の技術がわたしにはないんですよね。

 

技法とかそんなの何にも考えないで思いつくままなら、ホント、標語のようなものでもたくさん作れます。(ノッテるときですけど)

だけど技法とか、例えば古語の使い方とか意識しだすと、何をどう使えば効果的なのか分からなくなります。

思いつくままに作ったものは後から読み返してツッコミどころ満載だし、それこそ視点がバラバラだったりして、自分でもちぐはぐに感じます。

だから、技法の使い方とか学ぶためにはたくさんの作品を読んで、自分でも使いやすそうな、いいところを学ばせてもらう(技術を盗ませてもらう)のがいいのかなって思いますが、でもそこが欲張りで自分の作品に評も頂きたい。

ここがいい、ここが悪いって自分よりも経験を重ねて、素晴らしい作品を生み出している先輩からアドバイスが欲しい。

ただ新聞の柳壇や歌壇にはなかなか抜けられないので、そうなると歌会などを定期的に開催していたり、新聞よりも投稿者数(母集団)の少ない結社の方が、会費や投句料を払う分だけ評を頂ける確率はぐっと上がると思うんです。

 

で、色々な結社をHPや総合誌の情報欄でチェックしてたりするんですが、コレといってピンとくるものがない。

川柳はまあ隣の県(会いに行けるキョリ)に師匠がいるから、どちらか所属しようと思ったら、短歌になるのかなあって気がしてるんですが。

 

わたしの好きな歌人は基本的にフリーで、有名な結社に所属していたりする歌人もいますが故人だったりで。

うーーーーーん。

一番いいのは好きな歌人が所属しているところか、自分の歌でも受け入れてくれそうな、それでいてできれば年会費の高くないところなんだけどなああああああああ。

ってことを、ここ最近考えていました。

 

とりあえず何とな〜く気になっていて、見本誌を無料(もしくは格安)で頂けるところには連絡しようかな。

あ、あと、やっぱり歌会とかに気軽に出て行けるキョリに支部や本部がある結社がいいなあ。

悩む悩む。

珈琲豆の焙煎の香り

  • 2017.01.07 Saturday
  • 21:29

JUGEMテーマ:お気に入り

 

 

今日は昨日積み残したメール処理だけちょこっとやりに市役所に行って、その後保育所時代からずっと付き合いのあるヤナギさんと隣町に新しくできたカフェに行ってきました!

カフェと喫茶店の中間くらいの雰囲気。

でも床板が色々な色の木材を使っていたり、ソファの柔らかさとか、お姉さんたちの心遣いとか老若男女問わず愛されていきそうな予感がします。

 

女性が好きそうなカフェも好きなんですが、わたしもヤナギさんも昔ながらのレトロな純喫茶も大好きです。

ちょうど今日も若い?女子?はわたしたち二人だけで、残りは地元のおじさんたちでした。

 

いい雰囲気です。

何だろうなあ、地元の人が常連のカフェや喫茶店って、最初はドキドキするけどいったん腰を下ろすと話に入れなくても安心する。

ランチ食べた後、長らくお喋りしてたんですが、あったかいお茶を淹れてくれて本当にありがたい!

勿論、コーヒーは絶品です。

 

珈琲の焙煎するときの音、香、淹れ始めたときの音、そしてまた香、なんとも言えないです。

おひとり様用の小さな豆挽きが他の雑貨屋さんで売ってあって、これ、イライラしたとき気持ちを落ち着かせるのにいいかもと思ってみたり。

そういう自分なりの癒しをこれからも少しずつ探して発見して試していけたらいいなって思います。

 

 

 

あ、また後で心燈のブログに記事をあげますね。

言ってみた!帰ってみた!

  • 2017.01.05 Thursday
  • 21:06

JUGEMテーマ:生きる

JUGEMテーマ:ココロと闘う

 

 

ふるさと納税最後の追い込みです。

ワンストップ申請の書類がどっさり来て、休み明けの分すらまだすべて開封できていないうえ、年末に溜めたマイナンバー入力も山積みで。

いつもマイナンバーを入力してる姐さんが今日はお休みだったのと、もうこれ以上溜められないってことで、他の係の先輩から「誰かがこれだけにかかりきりにならないとすべてが中途半端になるよ」とアドバイスくれたので。

今日は勇気を出して「わたし、電話に出ません!」宣言をして、ひたすら姐さんの続きをしました。

おかげで年末から持ち越した分はクリア!

これで休み明けにどっさり来た分だけを明日姐さんに渡せます。

 

他の係の先輩は離れた席に居ても、全体のことをよく見ていて、必要な時に冷静なアドバイスをくれるのですごいです。

自分の仕事に集中するときはするで、その仕事の必要性を同じチームの仲間に口に出して言わないと絶対に伝わらないってことをさりげなく言ってくれたので、何というか、そういう気配り?のできる人間になりたいなあ。

 

 

「ああして欲しい、こうして欲しい」というのは相手に期待をかけてるだけで、それが叶わないと裏切られた気持ちになるし、イライラするし、不満ばかりが増えていく。

でも「こうさせて!」っていうのをちゃんと理由を付けて話したら、相手に期待をかける部分もあるけれど、相手がこちらの気持ちと仕事の進捗状況を少しはくみ取ってくれるので、うまくいかなくても不満は少ない。

そういうことを何とな〜く感じ取った一日でした。

 

それと、自分に課していたノルマ以上のノルマを達成したので、定時には無理だったけどあまり残らずに帰りました。

「お先に失礼します」が引け目を感じずに言えた〜!

 

お昼から勉強してた!

  • 2017.01.02 Monday
  • 18:44

JUGEMテーマ:スキルアップ

 

 

メンタルヘルスマネジメント検定の勉強してましたー。

いやー片付いた部屋でする勉強はいいですなあ(散らかっていたものは段ボール箱と押し入れにぶち込んで視界から追い出した)

 

勉強中に思い浮かんだことがあったので、心燈のブログに挙げてみました。

「本人の性格をどう受け取るか」

勉強しながら自分で「あれ?」「うん?」って思ったことは、その都度考えていきたいなあと思います。

 

で、勉強しながら思ったのですが、こうして集中して取り組めるようになったのって、去年から考えたらすごいー!

去年はしんどくて横になったり、集中もなかなか続かなかったり、ステレオ的な「引きこもり」してたので、同じ引きこもりでもちょっと活動的?なのかなと思ったり。

だけどあのときは無駄な時間と思ったけど、ああしてゆっくり横になったり、ただただ時間を過ごしただけでも、心身を休めるためには必要なことだったんですよね。

 

心も体も正直もので、いくら無理をしても、だめ!って思ったときにはガス欠になって止まるもんです。

 

来週は検定の申し込みなので、3月までコツコツお勉強頑張りますー!

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

noteやってます。

クリエイターSNS noteで作品やコラムを公開しています。


*現代短歌、現代川柳の練習帳*
みやまnoしずく

*半生記録、これからの記録*
みやまとみやまの好きなものとその他

「心燈 - cocotto -」

心燈 - cocotto -
言葉を使った自己表現サークルです。生き辛さを感じている人やその支援者が自分の思いを外に出せるようお手伝いをします。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM