作品集のアウトライン

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 22:18

JUGEMテーマ:創作活動

 

アウトラインはほぼほぼ決まっている。

川柳:小説=7:3。

元々文章書きなんです。

 

それに師匠の師匠であり、現代川柳の先駆者「時実新子先生」が門弟たちに「川柳の17音には短編小説くらいのボリュームが必要」とのことを仰っていたようです。

川柳ど素人のわたしが川柳という作品を作っていくのにどうすればいいのか。

そう考えたときに短編小説を並行して書いていこうと思いました。

これが結構わたしには合っているスタイルでした。

インスピレーションが沸いて、更にふとした気付きに繋がっていくのです。

ですので、初めての恥さらし&自己満足の本は、前述の割合で構成することにしました。

 

現在(8/16)まだわたしが自分でマシだと思えた川柳は132句。

全て納得いく出来ではありません。

時間を置いて読み直して直したものもいくつかあります。

視点がちぐはぐと師匠には指摘されています。

だからここから自分の力で遂行していかなければならない。

同時に日々の生活から更に川柳を作り、17音のリズムに慣れていかなければならない。

 

苦しいけど、しんどいけど、たまに飽きるけど、すっごい楽しいし、自分が生き生きしているのが本当によく分かる。

だからもっともっと川柳を作って、新聞などに投句していきます。

 

それと、本の形態はハードカバーに決めました。

同人誌専門の印刷所をいくつか見比べて、新書や文庫本にもひかれましたが、諸先輩方の作品集(実際に一般書籍として販売されているもの)を見ていくと、ハードカバーや変形の写真集のようなものなど、自分のこだわりをとことん詰め込んだものが多いことに気付きました。

わたしは元々本が好きで、電子書籍も普通に読むけど、やっぱり紙媒体ってすっごい好きだって思う。

だから紙媒体を表紙も含めて「めっちゃんこ自分の好きなものをぶっこんだ」本にしようと思ったとき、ハードカバーしかないなと思ったのです。

ハードカバーは上製本とも言います。

そのハードカバーをできるだけ安価でこだわって作りたいって考えて印刷所のHPを見て回り、とある印刷所に決めました。

ここならハードカバーを、作品を、追求して製本してもらえる気がする!

 

ちなみに同人誌という形態ではありますが、即売会などでも販売予定はありません。

これまでわたしのむちゃくちゃな生き方を支えて下さった方々にお礼の意味を込めて押し付けるものなので、お金を頂くことは絶対にありません。

押し付けられた側はいい迷惑でしょうが、わたしがいたということを覚えておいて欲しいのです。

ですので、安価で印刷してくれる印刷所を探し当てたときには大興奮。

データ入稿もできるのも嬉しいです。

わたしが二次創作活動をしていた全盛期は紙媒体での入稿しかなかったんですよ〜。

 

というわけで、本日連続しての記事の投稿になりますが、これがアウトラインです。

ちなみにブログのタイトルは本のタイトルにしようと思っています。

だから(仮)って付けてるんです。

途中変わるかもしれませんし。

 

さて、まだまだ色んなものを見聞きして、体験して、自身の糧にしていかねば〜。

てわけで平日は早めの就寝心がけます!

印刷代稼ぐのにお仕事頑張らなくては〜(笑)

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

noteやってます。

クリエイターSNS noteで作品やコラムを公開しています。


*現代短歌、現代川柳の練習帳*
みやまnoしずく

*半生記録、これからの記録*
みやまとみやまの好きなものとその他

「心燈 - cocotto -」

心燈 - cocotto -
言葉を使った自己表現サークルです。生き辛さを感じている人やその支援者が自分の思いを外に出せるようお手伝いをします。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM